Chickenfoot / Chickenfoot

チキンフット / チキンフット



やっと諸々落ち着きました。…で、もう旬をだいぶ過ぎた(苦笑)このグループを改めて聴いてみた。
Track List
01.Avenida Revolucion
02.Soap on a Rope
03.Sexy Little Thing
04.Oh Yeah
05.Runnin' Out
06.Get It Up
07.Down the Drain
08.My Kinda Girl
09.Learning to Fall
10.Turnin' Left
11.Future in the Past
12.Bitten By The Wolf※

※ボーナストラック


元ヴァン・ヘイレン組のサミー・ヘイガー、マイケル・アンソニーにレッチリのチャド・スミス、ソロアーティストとしてギター弾き界隈ではお馴染みのジョー・サトリアーニによって結成されたチキンフットの1stアルバム。

ビッグネームミュージシャンが集まった所謂スーパーグループです。

レッチリのチャドがハードロック畑に出没するというのは珍しいですよね。確かこの頃はサイドプロジェクトを2つくらい始動していて、その一つがこのバンド。もう一つは70年代辺りのジャズロックみたいなインストバンドのChad Smith's Bombastic Meatbatsでした。(Bombastic Meatbatsも実はHR/HMリスナーには地味にお馴染みのメンツだったりする)

ヴァン・ヘイレンの半分がこのバンドにいる‼ということで往年の(特にサミー在籍時の)サウンドを期待する向きもあったのかもしれませんが、思ったより皆の趣味丸出しのハードロックって感じです。

アメリカ人が皆大好きであろうレッド・ツェッペリン+チャドが持ち込んだであろうファンク的なグルーヴ、ジョーが持ち込んだであろうちょっと引っ掛かりのあるモーダルなメロディー、サイケなムードを醸し出すコードも顔を出します。

パッと聴きは単純にカッコ良いカラッとしたアメリカンハードロックを演ってみたという感じですが、個人的にはちょっと歌メロに乏しいという感想です。(曲の骨子はジョーが書き、歌メロはサミーに任せたようですが…ラップ的というかメロディーの起伏がほとんどない上に歌い出しがほぼ同じ様な曲も2〜3曲あり…💦)

ヴァン・ヘイレンよりもツェッペリン色が強いですが、その一因はチャドのドラミングだと思います。彼はボンゾ好きですし、レッチリで培ったファンクなグルーヴはそもそもツェッペリンにもあるものなので余計にそう感じます。

そしてアルバムのオープニング1・Avenida Revolucionがまた地味というか、ツカミが弱いダーク&ヘヴィなメロディーでイマイチわかりにくいですが、その後は彼らのキャラから想像できそうなノリの良いミドルテンポの2・Soap on a Rope、4・Oh Yeahで盛り返します。

3・Sexy Little Thing、10・Turnin' Leftのエンディングではマイケル・アンソニーの高音コーラスが聴けます。この辺は当たり前ですがヴァン・ヘイレンそっくりです。

さらに個人的に耳を惹かれたのは6・Get It Up、11・Future in the Pastで、Get It Upはあまり聴かれないフリジアンモードが曲の基本になってますが、「ここフリジアンモードですよー」と言わんばかりに気の利いたジョーのギターのオブリが映えます(笑)。

Future in the Pastはかったるそうなギターリフから始まりますが、ファンキーになり、どんどん盛り上がって行き、最終的にここまで大仰なエンディングになるのかと驚かされる曲です。


普段HR/HM周辺を聴くことの多い自分としてはファンク色のある曲の方が印象に残ります。全体的なサウンドそのものも良く、立体感のあるギターの音もサトリアーニらしいですね。インストゥルメンタルではなく歌ものだからジョーのサウンドも変わるかと思っていたけど、ほとんど近作のソロアルバムと変わりないですな…彼の様なハリのある音だとヴォーカルを邪魔しそうなもんですけど、なぜか気になりません。それにしてもこんな音でジャーンとスタックアンプでコードを爆音で鳴らしたら気持ち良いでしょうね。

ちなみに日本盤ボーナストラック12・Bitten By The WolfはかなりツェッペリンインスパイアでLed ZeppelinⅢに入ってるアコギかき鳴らし系の曲…FriendsとかGallows pole辺りの雰囲気ですかな。

ヴォーカルはともかく、楽器陣が凄く頑張っていて、各所にフックのある展開を設けていて飽きさせない工夫がされています。確かにこれは若手には作れないなと思います。

アメリカの勝ち組ミュージシャン達がさらに勝ってやろうという野望が漲る一枚ですが…今バンドは存続しているのでしょうか…。

PVはおっさん達の悪ふざけホームビデオみたいな様相を呈してます(笑)。

★Soap on a Rope


★Sexy Little Thing


★Oh Yeah


関連記事
スポンサーサイト

コメント

私も同じ感想です(笑)

いくらノリが良くても歌メロが全くダメだから、気持ちいいノリだけど、聴き終わっても何も残らないというか、曲が入ってこない。サミーの大ファンなだけにこのバンドの全アルバムが残念です!

Re: 私も同じ感想です(笑)

> いくらノリが良くても歌メロが全くダメだから、気持ちいいノリだけど、聴き終わっても何も残らないというか、曲が入ってこない。サミーの大ファンなだけにこのバンドの全アルバムが残念です!

ブッ〇オフでバカ安で棚に置いてあるのをみると、大体買った人が同じような感想になったのかもしれせんね。2枚目も軽く試聴したんですが、引っ掛かりがなさそうなので、いま安く売ってても聴く気になれません…。
非公開コメント

プロフィール

yomamoyo

Author:yomamoyo
自分が購入したCDをレビューしていくブログ(にする予定)
ギターを習っていたことがあるので、ギタープレイについての評価が細かい傾向にあります。

ロック・メタルのランキングに参加しています。

クリックしていただけますと励みになります!

検索フォーム

Sound Cloud

オリジナル(ハードロック・へヴィメタル系インスト)曲です。音量注意‼

ブロとも申請フォーム